HOME > お知らせ > 卒業生からのメッセージ:第1期生 青山 直美さん(勤務先:株式会社日本政策投資銀行)
  • お知らせ
  • 受験生の皆様
  • 在学生の皆様
  • 保護者の皆様
  • 学部案内
  • 大学院案内
  • 最近のお知らせ
  • 過去のお知らせ

お知らせ

卒業生からのメッセージ:第1期生 青山 直美さん(勤務先:株式会社日本政策投資銀行)

2011年8月8日

私は就職活動において、まず働く意味を考えた上で活動の軸を決め、就職活動を進めました。「人の役に立つこと」で、自分もそこから生きがいを得て、明日へのやる気につながるのだと考えました。では、私はどのようなアプローチで人の役に立ちたいのかを考えたところ、実家での経験を思い出したのです。実家のお店を創業する際に地域の銀行から融資を受けたことがあり、それが今の健全な経営と、私が大学に進学することができた理由であると気づきました。金融の意義の大きさと共に、地域の金融機関、地域の人々に恩返しをしたいと感じたことから、就職を金融業界に絞りました。その中でも中小企業の融資コンサルティングやFP、ファンドマネージャーの職種に関心を抱き、運用会社・銀行・保険・証券の業種で活動を進めました。

社会情報学部に所属したことで、数学・統計・プログラミング等理系のツールを、経済・金融の分野での分析や物事を多角的なアプローチから捉えることに活用できました。こうしたことが企業からも高評価を得て、就職活動を有利に進めることができたと考えています。特に「コミュニティマネジメント」や「インベストメント」の授業、ゼミ活動等を通して、唯一解の存在しない社会で俯瞰して最適解を見つける力を鍛えました。またインデックスファンドの組成・運用・結果の分析や金融の理論やシミュレーションで証券投資の実務・分析力を身につけることもできました。今考えてみると、1年次からの基礎の積み重ねがしっかり活きているのだと強く感じています。

卒業生からのメッセージに戻る

ページの先頭へ戻る