HOME > お知らせ > 在学生からのメッセージ:3年 三浦 永理香さん
  • お知らせ
  • 受験生の皆様
  • 在学生の皆様
  • 保護者の皆様
  • 学部案内
  • 大学院案内
  • 最近のお知らせ
  • 過去のお知らせ

お知らせ

在学生からのメッセージ:3年 三浦 永理香さん

2011年9月27日

■ 私が社会情報学部を選んだ理由
私が社会情報学部に魅かれた一番の理由は、文理融合学科だという点です。数学・国語・英語の3科目が特に好きで、文系・理系といった枠組みにとらわれずに勉強したかったため、まさに私にぴったりの学部でした。現代の情報化社会では、文理双方の思考がバランスよくとれた人材が必要とされているため、社会に出て本当に役に立つ力が習得できる社会情報学部への入学を希望しました。

■ 社会情報学部での学び
1・2年次に英語・数学・経済・情報・心理など幅広い分野を学びました。たとえば、英語の授業は非常にタフでしたが、高校とは比べられないほどに充実したもので、自分で無意識に作っていた限界を取り払うことができました。また、実際に自分でやるまでは難しそうと思い込んでいたプログラミングも、今ではゼミで研究・開発するほどです。社会情報学部はさまざまな切り口を用意してくれています。自分の潜在能力はこれだと決めつけず、知への追求に貪欲になれました。

■ これからの夢や展望
専門科目も増え、ゼミも始まる3年生になった今、毎日信じられないほど楽しく、嬉しいくらい忙しいです。私は、ゼミで研究しているAR(拡張現実)のアプリケーションを開発し、それを使ったオンライン国際交流サービスを実現したいと思っています。社会情報学部に入っていなければ、英語の重要 性や楽しさにも気づかず、プログラミングにいたっては一生避けていたかもしれません。これからも 積極的に新しいことを取り込み、自分でも予想できない私自身の可能性を見つけていきたいです。

在学生からのメッセージに戻る

ページの先頭へ戻る