HOME > お知らせ > 在学生からのメッセージ:4年 伊藤 晃さん
  • お知らせ
  • 受験生の皆様
  • 在学生の皆様
  • 保護者の皆様
  • 学部案内
  • 大学院案内
  • 最近のお知らせ
  • 過去のお知らせ

お知らせ

在学生からのメッセージ:4年 伊藤 晃さん

2011年9月27日

■ 私が社会情報学部を選んだ理由
私は大学受験のころ、漠然とではありましたが、これからの時代どんな分野で働くとしても、“情報”というものを切り離して暮らすことはできないのではないかと考えていました。そんな私にとって、理系科目が苦手であることは大きな問題でした。しかし、社会情報学部では文理融合を銘打っており、文系科目でも受験することが可能だったので、幸運にも入学することができました。

■ 社会情報学部での学び
いろいろなことが学べる社会情報学部だからこそ、主体的に学んでいこうとする姿勢が必要だと思います。私が2年生のとき、社会情報学部にはiPhoneが導入されました。そのことをきっかけに、「社会情報演習Ⅱ」という授業ではiPhoneアプリを企画・制作し、最終的にはソフトバンク本社でプレゼンをするという経験ができました。また、「情報処理基礎」では情報技術者資格の取得に向けた勉強ができ、翌年には基本情報技術者試験に合格することもできました。ほかの授業でも、ただ話を聞くだけではなく、実習やグループワークを伴うものが多いので、自分の努力次第で学べることの価値が増すと思います。

■ これからの夢や展望
私が所属するゼミではソーシャルメディアやソーシャルサービスについて学んでいるので、卒業研究としては何らかのソーシャルサービスを作り出したいと考えています。また、卒業後は、人々が何について面白いと感じるのかなどに注目し、人や情報をつなげることで多くの可能性を生み出すような仕事に就きたいと考えています。

在学生からのメッセージに戻る

ページの先頭へ戻る